ようこその、お立ち寄りです。

 

 

 「こころの菩提寺」です。

 

 

菩提とは、サンスクリット語の

ボディの漢訳で仏の境地の事。

 

「菩提を弔う」という遥か昔からの

言葉があります。さてその意味は、

お亡くなりになった方が仏の世界に

間違いなく行ける様に供養する事を

「菩提を弔う」と表現しました。

 

 

 

「こころの菩提寺」を主宰している

本河 聞光です。京都で琵琶法師を

しています。遥か昔の昭和の頃から

四弦四柱の薩摩琵琶で奉納演奏を、

病院、介護施設、拘置所、各神社、

ハンセン病療養所でしてきました。

 

ハンセン病療養所の活動や経験から、 

昭和の頃より「ハンセン病の語り部」

として近畿各地でお話もしています。

 

 

 

大阪釜ヶ崎エリアでは、アルコール

 依存症の患者に対する更生活動で、

当時、ドイツ人宣教師の先生から、

カウンセリングの基本を教えて頂き

更生活動に取り組んできました。

 

 

お世話になったドイツ人宣教師の、

エリザベス ストローム宣教師の

思い出はブログの中に書きました。

 

 

 

 また、日本国内にあるハンセン病の

強制隔離療養所での奉仕活動では、

アメリカ人宣教師のピーターアール

・ラスムッセン先生の思い出話も、

ブログに書かせて頂きました。

 

 

 

 「こころの菩提寺」 

 

 

 

 

 

この世を生きる道しるべ

 

人として、命をもって生きているということが、どれだけ有難いことか、どれだけ素晴らしいことか、ゆっくりと考えてみましょう。

 

 

すべての命は、大自然の恵みである不可思議な働きによって生まれたのです 。

 

 

この世のすべてのものは、大自然が生みだしたものであり、そのような働きを、お釈迦様は「縁起」とお話になりました。

 

大自然そのものが、この様な働きをするので、大自然の恵みそのものを、

「このうえない、ほとけ」と言います。

 

 

あなたもわたしも人間はみなさん、先祖代々、親から子供へ命を伝えてきましたが、本来ならばその命の伝達は我々の力だけではどうする事も出来ないのです。

 

 

すべてはお釈迦様が説かれた様に、この世はすべて「縁起」で成り立っているのかもしれません。

 

 

縁起の法(命はみほとけにおあずけしている)で成り立っているのかもしれません。

 

 

この世で我々が色々な人々と出会えて、命を輝かせる事ができるのは、みほとけのお力のお陰かもしれません。

 

 

人の命には、長い命もあり短い命もあります。実に無情です。

 

 

人が亡くなる事により我々人間は、人の命というものが、有限である事を知るのです。

 

 

ひとは命を終えるとどこに行くのでしょうか。命を終えるとみほとけの国に生まれて、ほとけになるのです。

 

 

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏は、この世を生きる道しるべなのかもしれません。

 

今一度、心静かに手をあわせ、お祈りの

時を持とうではありませんか。

 

 

 

    「こころの菩提寺」

 

     

 

 

 

 

 

 

     

         

      

 

 

 

ハンセン病の「語り部」

 

大阪市西淀川区の大阪湾岸沿いに「外島保養院記念碑」という石碑が建っています。

 

 

 

明治42年(1909年)、ここにはハンセン病の療養所である「外島保養院」がありました。

 

 

外島保養院」は、近畿地方と北陸地方の二府十県により作られた、ハンセン病療養所でした。

 

 

敷地面積は、約20,000坪の広大な敷地で、その後の増築で日本有数の規模を誇るハンセン病療養所が、ほぼ出来上がっていました。

 

 

昭和9年(1934年)の室戸台風で、海抜ゼロメートル地帯のこの保養院は、残念ながらすべての施設は壊滅してしまいました。

  多くの入寮者の皆さんがお亡くなりになりました。

 

 

 毎年このハンセン病療養所敷地跡にある記念碑(石碑)に、合掌をして礼拝をします。亡き方への想いを心に刻みます。

 

 

 

 ハンセン病はどの様な病気なのでしょうか。ライ菌は結核菌と同じ抗酸菌のグループに入ります。感染力は弱く、まず感染はしません。

 

 

 

1943年には、特効薬プロミン(promin)が販売されて、その後にプロトミン、ダプソン、リファンピシンの販売もあり、完治する病気となりました。

 

 

 

高校生時代に初めて、ハンセン病の回復者の方々のお世話をしました。

 

その数年後に、私が初めてハンセン病療養所に、奉仕活動員として入所したのは、1970年代でした。

 

 

訪問した療養所の担当者から「まず感染はしません。もし感染しても特効薬の処置で約2週間ほどで、ライ菌は死滅します。ライ菌の潜伏期間があり経過をみたいので、その時は1か月半ほど、この施設の軽々度の病棟に入院して下さい。経過を見ます。」とサラッと言われました。

 

 

しかし、すべては取り越し苦労で、感染なんか、当然ありませんでした。

 

 

逆に私の方が入寮者の皆さんや回復者の皆様に、助けられながらの活動でした。

 

 

残念なことに、1907年(明治40年)から1996年(平成8年)までの期間、日本では強制隔離政策が、原則として続けられていたことは事実で、そのことで多くの不幸を生み出しました。

 

 

 

 現在でも、日本国内にありましたハンセン病療養所の「語り部」として、各地でお話をさせて頂いています。

    

 

            「こころの菩提寺」

 

 

 

   

いつお参りするか

 

葬儀が終わり、その後執り行われるのが一連の仏事ごとです。その一連の仏事ごとを「法要」(法事)といいます。

 

 

 

葬儀の後、行われるのが「初七日」「二七日」「三七日」「四七日」「五七日」「六七日」「七七日」つまり「四十九日」や、「一周忌」ということになります。

 

 

「四十九日」以降の法要は、「年忌法要」と言います。

 

 

「年忌法要」の一例ですが以下の法要があります。

 

 

葬儀の百日後は、「百カ日忌」があります。一年目の命日には「一周忌」が、その後は、満二年目には「三回忌」、満六年目には「七回忌」、満十二年目には「十三回忌」、満十六年目には「十七回忌」があります。

 

 

そして、満三十二年目には「三十三回忌」が執り行われます。

 

 

この「三十三回忌」か、又は、「五十回忌」をもって年忌法要の終わりとされるのが通常でしょう。

 

 

 

それ以外の身近な馴染み深い仏教行事とは、「お彼岸」「お盆」「除夜の鐘」などがあります。

 

 

「お彼岸」には、春分の頃と秋分の頃に、お墓参りをする仏事ごとです。今は亡き尊き祖先の霊を訪れ、家族が日々守られていることへの感謝と、祖先の霊が、より彼岸の高みに行けることを祈る意味が込められています。

 

 

「お彼岸」は、春分の日と秋分の日の年二回あり、現世の我々はこの世の此岸から、彼岸に行けるように祈り、願う日なのです。

 

 

遥か昔からある日本の先祖崇拝の習慣と深く結びついている身近な仏事ごとです。

 

さて、「お盆」(盂蘭盆会)ですが、毎年夏の7月15日か、8月15日に行われる先祖の霊を供養する仏事ごとです。

 

 

色々な準備の仕方がありますが、お盆の数日前に家の仏壇のまえに棚を作り、棚には、果物、お菓子、花などをそろえます。ナスやキュウリにハシを突き刺し、牛や馬の形にします。

 

 

これは、尊きご先祖様の霊がこの世とあの世を自由に往来できる様にとの乗り物なのです。

 

 

「お盆」の時も、僧侶を招いてお経をあげてもらいましょう。

家族が老いも若きも心ひとつにまとまる大切な仏事ごとです。

 

 

「初盆」「新盆」の場合は、自宅でささやかに、親戚や友人を招き、精進料理でもてなし亡き方への想い出話に、ひと時を過ごすのもいいのではないでしょうか。

 

「お盆」の盆棚などの後片付けは、多くの地域では、16日あたりには供え物を川や海に流して、尊きご先祖の霊が浄土にお帰りになれるようにします。

 

 

日本の内陸(川や海がない地域)では、家の門の脇にわらを置き、夕方にそのわらに火をつけて、先祖の霊がその煙とともに浄土に戻るとされているところもあります。

 

 

「除夜の鐘」、除夜の鐘も大切な仏事ごとの一つです。除夜とは書いて字のごとく、「除」のぞく、「夜」よると書きます。つまり過ぎ去った旧年の今夜は除きますという意味になります。この一年もいろいろありましたが、今夜が本年最後の夜を表しているのですよという仏事ごとなのです。

 

 

日本で遥か昔より行われている仏事ごとには、春にはお釈迦様のご生誕を祭る「花まつり」、夏には「お彼岸」、「お盆」。冬には108回の鐘を突き煩悩を打ち消す「除夜の鐘」。

 

我が日本の仏教は、多くのお経本のお陰で実に豊かな発展をしてきました。

 

ご先祖様に感謝の気持ちを伝えたい時、亡き方に想いを伝えたい時、ご自宅のご仏壇前にお坊さんを呼び、お経を読んでもらいましょう。心が落ちつくのではないでしょうか。

 

 

           「心の菩提寺」