京都の琵琶法師の思い

子供の頃から、バイオリンを専攻していました。今でも当時使用していたドイツ製のバイオリンが、部屋の隅に立てかけてあります。当時、バイオリンの先生から、プロの演奏家のバイオリン協奏曲、交響曲を毎日、5時間位は聴くようにとアドバイスを受け、両親に頼み、外国から高価なLPレコードを多量に輸入してもらい、高価なステレオを据え付けてもらい毎日聴いていました。また京都公演をする、有名交響楽団のライブ演奏も毎回聴きに行きました。本当に両親に、恵まれました。私の青春時代、一番強く影響を受けた指揮者は、カラヤンでもなく、フルトヴェングラーや、カールベームでもなく、当時、京都市立交響楽団常任指揮者の、山田一雄氏でした。あの昭和の時代に、フルトヴェングラーや、カラヤンに勝るとも劣らない日本人の指揮者がいて、その指揮者のライブ演奏を毎月聴いていました。贅沢の極みでした。ちなみに、山田一雄先生は、関西圏ではあまり有名ではないかもしれませんが、日本のクラッシック界では、重鎮であり、孤高の天才指揮者でした。
先日、九州は鹿児島の住職のお話を聞かせて頂いたのですが、その御住職のお話ですと、昨今、高齢者の自殺が増えているとのことでした。住むところもあり、食事もできる状態でありながら、それでもなお、自殺を選ぶ高齢者が多いとのことでした。その御住職の考えでは、今の時代はお金がものを言い、介護サービスも、介助サービスも、高齢者が入所出来る老健施設も全て、お金がものを言い、全てにおいて今まであった日本人の精神性が消滅したと言いました。確かに、昭和の時代は、今より貧しかったが、間違いなく現代の日本人よりも、昔の日本人の方が豊かな精神社会、精神生活を送っていたように思います。豊かにはなりましたが、我々が失った豊かな精神社会は、もうどこにもないのです。
ここ、関西圏では、先日も中学生の女生徒が自殺しまして、同じ中学校の男子生徒も、少しあとで自殺した事がありました。男子生徒をよく知っている住職の方のお話を聞いていると、心が暗くなります。中学生の男子生徒のお葬式の時、その住職は、胸にこみあげるものがあり、お経を、しっかりと声明できなかったと言っていました。実に悲しい出来事です。このお話をされた住職は、そのお子様方が、苦しくてどうしようもなくなった時、手と手をあわせて、心をしずめて、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と唱えることが、習慣として出来ていたらと、悔やんでいました。実に残念な出来事でした。